2012年12月07日

患者さんへのプレゼント あり?なし?

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
看護学生です。
今実習で担当している患者さんがいつも車いすを移動する時や夜が寒いとおっしゃっていたので、誕生日も近いので、思い切って手作りでマフラーを作ったのですが、看護学生として渡して良いものか悩んでいます。
看護師の方や看護教員の方、またはそうでない方でも上記に対しての回答意見または他にこのような物が喜ばれるのではないか等の意見が御座いましたら、教えてください。
私が今まで実習で担当してきた患者さんの中でまだ担当して1週間しか経っていませんが一番仲良くなれた患者さんなので、せめて誕生日に思い出作りが出来ればいいなと思い質問させていただきました。
早めのご意見お待ちしています。

-------------------------------
ベストアンサー

看護師8年目、実習でいつも看護学生を見ています。
その行為は人としてはいいかもしれませんが、看護学生としてはどうでしょう?
何のために実習に行くのか思い返してみてください。
実習は習得した看護技術を提供しに行く場所です。
実際の対応としては、実習担当の看護師に寒いと訴えていると話し、家族が来たときに、一言伝えてもらうといった対応がベストでしょう。
もしも渡すとしても、物を個人で上げる行為は実習指導者に一言断ってからにしたほうがいいでしょう。
歓迎されないと思いますが・・・。

-------------------------------

【アセスメント?】
個人的には、ナシでしょうね。
理由はベストアンサーと同じです。
たぶんどの担当者に聞いても「No」なんじゃないでしょうか。

気持ちはわかります。
でもこれは看護に必要な支援とちょっとばかり違うと思うんですね。

例えば…
よく看護研究なんかであると思うんですが、
食事が上手くできない患者さんに自助具を制作してセルフケアを支援する。
こういったものは看護として成り立つんだと思います。
ただ
それをプレゼントとして
退院後にも使ってもらえるように「渡す」ということが可能かどうかはわかりません。

でも今回の質問の場合、
寒い⇒マフラー⇒看護
と結びつくかどうかは疑問符付きです。
家族に伝えればいい話だと思います。
看護学生だからNGということじゃなく、
看護師だってこれはNGなんじゃないでしょうかね?

もしこれがありだったら、
「ペンを持ってないから私物のペンをあげた」
という行動だってOKになるかもしれません。
↑ちょっと違いますかね?^_^;

逆のパターンは拒否しているわけです。
患者さんが学生にお世話になったからと何かプレゼントしたいというパターンですね。
学生がいつも自転車通学で寒いという話を聞いて、
「じゃあマフラー作ってあげるわ」
それを喜んで貰えるのかどうか。

人としては素直に受け取りたいでしょう。
でもたぶん、
どこの学校でもダメだと思います。
看護をサービスとして考えるなら、
サービス代金は点数計算で請求されます。
マフラーをもらってしまうと、
+αを受け取ることになってしまう。

今回の場合で考えるなら、
決まった点数以上のサービスになる。
もちろん学生が看護したところで加算があるわけじゃないですけどね。

難しいですね。
私の例がそっくり解釈として当てはまるかわかりませんが、
でもきっとそういうことだと思います。
これがまかり通ると、
金銭授受にも繋がってしまいますし。。


んで、
知恵袋で質問する前に、
ひとまず自分のとこの指導者や教員に聞いてみたらいいと思ったのですが…。
これは難しくない解釈だと思います(^O^)/


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】



posted by ぺけ@男子看護学生 at 22:42| Comment(0) | 実習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。