2013年01月06日

寄り添うとか、共感とか、向き合うとか…

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
看護の在り方についてお聞かせください。

看護学生3年生です。
未熟ながら私の看護観は、患者さんと寄り添い思いを傾聴し、多方面から物事を見て患者さんとともに目標にむかって問題を解決することとおもっています。
ひとりの患者さんとじっくり向き合いたい、ひとりひとりを大切にした看護をしたいとおもっています。
総計して5ヶ月ほどの実習を経験してきましたが、わたしは患者さんと真っ正面から向き合うあまり、患者さんが辛いと思うことをできないという傾向にあります。
(たとえば食べたくない!と言う患者に食べさせることができないなど)
(中略)
食事介助のときも患者さんがつらそうで
でも食べさせなくてはいけなくて
つらくて自分の昼休憩のときにぼろぼろ泣いてしまったほどです。
(中略)
そこの調整が難しいです。
同じような立場におかれた看護師の方はどのようなことを心がけていますか?

-------------------------------
ベストアンサー

患者さんの思いに共感することは大切ですが、感情的に共感するだけでは看護ではないでしょうね。
どんな実習だったのかわかりませんが・・・、
患者さんが食事をするのをそこまで辛いと思うなら無理強いせずに、患者さんが受容できたタイミングで開始すればいいのです。
受容できるように援助することや、タイミングを見極めることも看護です。
食事が辛い・・・というのにもいろんな理由があるでしょう。
食べると苦しいからなのか、意欲がないからなのか、などによっても必要な援助は変わってきますよ。
慣れる、ということが怖いとのことですが、患者さんの辛い思いに慣れる看護師はいませんよ。
(中略)
気持ちに寄り添うだけでなく、実際に行うケアにも注意を向けて一つ一つの看護技術を高めていけるよう今は努力を重ねていくべきではないでしょうか。
(後略)

-------------------------------

【アセスメント?】
自分も含め、
いろ〜〜〜んなタイプの学生がいますよね。
で、質問者さん。
こういう言い方はあまりしたくないのですが、
「自分を美化しすぎ」
美化という言葉が合うかどうかわかりませんが、
自分がいい子ちゃんになってる感じが伝わってきます。

ああ…
また人を悪いようにしか見ていない自分が…
本当にそう感じているかも知れないのに、
私は嫌なやつです。
でも感じたことは感じたまま書き続けます!
クレーム大歓迎ですよ。

話を戻します。

↓質問者さんの考える看護↓
・患者さんと寄り添い思いを傾聴する
・多方面から物事を見る
・患者さんとともに目標にむかって問題を解決する
・ひとりの患者さんとじっくり向き合いたい
・ひとりひとりを大切にした看護をしたい

それでそれで、
「患者さんと真っ正面から向き合うあまり」→辛いと思っている援助ができない

なんか“履き違えてる”ように感じるのは私だけですかね。
たくさんある看護観は、
良いこと書いていると思います。
でもそれが虚しく響いちゃってる感じなんです。

ここに書いてあることを実践しようと努力しているなら、
ぼろぼろ泣く前に患者さんの今を考えるべき。
「真正面から向き合うあまり」
と書かれていますが、
そんな表現するだけで
正直好きになれません。
かわいそうだから泣いている。
ただそれだけじゃないかと感じます。

荒唐無稽とはちょっと違うかな。
看護観に中身を感じないといいますか、
良いこと書いていても、
やってることがむしろ全部逆じゃないですかね。
いい子ちゃん過ぎます。

ベストアンサーの方の言うとおりだと思いますよ!

はーーー。
また偉そうに、
批判ばかり書いてしまいました。
こんな風に感じるのは、
自分が男だからなんですかね?
もしくは完全なる個別性??
私に仏の心をください(^_^;)
自分も未熟だし、
人のこと言わず頑張らないとな〜。


今日Twitterで
「共感とは」
相互フォロワーさんとこんな話題になりました。
この記事とも無関係じゃないですね。

フォロワーさんの自分あてのツイートをちょっと引用します。
「共感って『共感された』っていう受身の言葉だと思う。
話を聞いてもらった人が共感っていう言葉を使って初めて『共感された』だと思う。
一方的に共感できたとは言えなくてむしろ相手が共感されたと思うかだと思うのよね。」

まさにこの通りだと思いました。
共感する努力は必要だけど、
患者さんがそう感じなければそれは共感とは言えない。
よくある
「患者さんの苦しみを共感できました」
なーんて言葉に違和感を持っていたのは、
こうやって考えると納得がいきました。

この知恵袋記事の
「真正面から向き合うあまり」
ってのも同じじゃないかと思うんですよね。
ただの主観であっても不思議じゃないです。
自己満足になりかねない。

後味悪い感じですが、
おやすみなさーい(@^^)/~~


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】


posted by ぺけ@男子看護学生 at 01:33| Comment(0) | 実習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。