2013年03月15日

卒業ってのは…

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

ブログの更新、
だいぶサボってしまいました。
数少ない、
いるかいないかわからないファンの皆様、
失礼しましたm(__)m


いや〜
ついに卒業しちゃいました(∩´∀`)∩
今週に入って早々の話です。

専門学校なので3年間ですが、
終わってみると早いもんですね。


卒業式が終わったあとに感じたこと。

まさに尾崎豊!

行儀よくまじめなんて 出来やしなかった
夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった

信じられぬ大人との争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでも過ごした
ひとつだけ 解っていたこと
この支配からの 卒業



まじめにやらないとアウトでしたし、
ちょっとしか逆らってもいませんし、
窓も割ってません。

でも
「この支配からの卒業」
カビラ風なら
「クーーーーーッ!!!」

かなりスカッとしたわけです☆


反面、ちょっとした寂しさも感じたり。

充実してたんだな〜って思います。

良くも悪くも内容が濃すぎて、
楽しいことも嫌なこともたくさんあって、
文句言いながらも刺激のある毎日を楽しんでいたのかも。

辛いことがたくさんあったから、
振り返ると良い思い出になったり。
厳しくて嫌だった先生も、
最終的には良い先生だったと思えたり。


それから、寂しさをいちばん感じるのは
クラスメイトとの別れですかね。

ナースになればみんな忙しくなります。
同窓会を開いたとしても、
揃って全員が集まることはもうないかもしれません。

素敵なクラスメイトがいなければ
看護学生の生活は成り立たなかったでしょう。
みんな辛い立場を一緒に共有しましたからね。

助けたことも助けられたこともありました。
文句言いながら一緒にグループワークもしました。
マジで語ったりもしました。

同じメンバーで同じことをする機会はもうないんですよね。
なんとなくね、そんな環境にもうちょと居たかった。
居心地良かったです^^


やっぱり卒業ってのは
感慨深いものだってことがよくわかりました。

そして4月からはプロになるんですね。
なれるかな?

みんな、がんばろう!!


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ


バストを大きくするナースの教材レビュー

【ツイッターでもお声掛けください♪】



posted by ぺけ@男子看護学生 at 23:11| Comment(2) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご卒業おめでとうございます!
僕も早く看護師になれるように頑張ります。
4月から看護師さんなんですね!頑張って下さい!! 応援してます。
Posted by ぴろり菌 at 2013年03月18日 00:45
>ぴろり菌さん

お返事遅くなりましてすみません(>_<)
そしてエールをありがとうございます!
でもですね、国試の結果見るまでは現実感なくて(笑)

卒業まで、終わってみればあっという間でしたよ。
大変なことも良い思い出になりますから、ぴろり菌さんもがんばってくださいね!
Posted by ぺけ at 2013年03月22日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。