2013年03月22日

女々しくて?

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
男の看護学生です。年は21歳です。
今現在休学をしていて、今度復学をする際は2学年です
自分は子どもと関わって仕事をしていきたいという夢があるので、保育士や幼稚園教論になろうと考えていました。
なぜ看護師を志そうと思ったのかというと、保育園や幼稚園などで元気な子どもたちと接していくことよりも、病気やケガに苦しむ子どもたちを世話していく方がやりがいがあるのではと思ったからです。
ですが、最近になり果たして自分は看護師を一生の職にしていけるのだろうかと思いとどまっている自分がいます。
この先どんなに辛い病気に苦しむ子どもたちと出会う上で医者でもない自分は命を救うことができない。
また、1人の男であるのに何で看護師なの?男なんだから医者とか目指さないの?などと言われたこともあります。
どこか女々しい男だと思われたり、どこか中途半端な人間と思われたり、その度々に傷つき、今でもすごく葛藤します。
そのため、今では初対面の人に対して職業などを聞かれた際に「医療系学生です。」と濁して答えてしまう自分がいます。
周りの意見よりも自分の夢や信念を貫くことのが何よりも大切だということはわかっているのですが。
(中略)
客観的な意見が欲しいです。
自由気ままに書き込んでいただければ幸いです。
自分の身近にいる幼なじみや友人感覚で。
よろしくお願いします。

-------------------------------
ベストアンサー

答えが出ないでしたら、看護学校を卒業して、実際に働いていくなかで答えを見つけていったほうが良いと思います。
(中略)
百人余って分単位で患者の診察をしなくちゃいけないドクターよりも、患者との接する時間が長い看護師の方が患者さんにとって近しい存在だったりします。
(中略)
医療職って良いですよ。
他の業界から転職しましたが、患者さんからいっぱいいろんな精神的な贈り物をもらえる仕事って、他の業界では味わえない喜びです。
楽しいだけでは無いし、いろんなことに迷ったり悩んだりしますが、給料が安くても、待遇が低くても、捨てがたい貴重なものを患者さんからもらえる仕事だと思います。
悩むより、今できることをやっていくなかで、現実的に自分はどうするか考えて行く方が後悔しなくて済むと思います。
今、看護学校を辞めてしまったら、貴方は確実に後悔すると思います。
結局、仕事って世の中に自分にぴったりに用意された適職がある訳ではなく、自分が働いていくなかで、自分の適職を自分で創っていく以外の道は無いと思います。
そのためには、今置かれている環境でできることを精一杯していくしか適職にめぐり合う方法は無いのですよね。

-------------------------------

【アセスメント?】
今回は(も?)、慰めや励ましではなく、
ビシッと言っちゃいますよ!
だって
「幼なじみや友人感覚で」
って書かれていますから遠慮なく^^


>医者でもない自分は命を救うことができない

命を救いたいなら、
看護師を目指すのではなく
医者を目指せばいいです。

3年間看護学生やってきた上での
個人的な意見ですが…

看護師は「命」を救うのではなく「人」を救う仕事。

結果的に命を救う役割になることもあるかもしれません。
でも、
その人の生活・ニード・精神面・生き様
そういったもの全てを救えるのが
看護師じゃないかと思うんです。

ベストアンサー。
「患者との接する時間が長い看護師の方が患者さんにとって近しい存在だったりします」
救える場所にいるんですね、看護師は。

医者にはできないことが、
看護師にはできる。
そう思います。

看護学生の身分だって
患者さんに感謝されるんですよ。
まだ現場に入っているわけじゃないですが、
きっと看護は素晴らしい仕事だと思います。


>どこか女々しい男だと思われたり、どこか中途半端な人間と思われたり、その度々に傷つき、今でもすごく葛藤します。
>そのため、今では初対面の人に対して職業などを聞かれた際に「医療系学生です。」と濁して答えてしまう自分がいます。

ゴールデンボンバーの歌じゃないんだからさ…。
言葉の使い方が間違ってます。

女々しいとは(Yahoo!辞書)
態度や気性が柔弱である。いくじがない。

男子看護学生であることの
どこが“柔弱”なのかって話です。
中途半端ってのも気に入らないっす。

仮に
“男らしくない”
という意味だと解釈するなら、
それはあなたの問題です。
看護学生だから男らしくないってことじゃなく、
あなた自身が男らしくないんですよ。

堂々と「看護学生です」って言えばいい。
私の経験上は、
「へ〜、すごいですね。」
って言われることが80%。
残りは
「合コンセッティングしてよ」
とか、そういう系(笑)

もし
「女みたい。キモい。」
なんて言われたら、
おでこに鼻くそでもつけてやればいい(^.^)b

男子看護学生、
教室では隅っこに追いやられているとしても、
世間に向けては堂々としていればいいのさ(^^)v



ってことで…
久々のブログは過激でしたね。
なんだかね、
「男子学生」とか「看護」とか、
それ自体を否定されているのが気に入らなかったのです。
そして、
そこに逃げ場を見つけていることも。


4月から、
ブログもツイッターも
「ぺけ@ナースマン1年生」
という名前に変更します。

ツイッターでいろいろご意見いただきまして、
でも結局はわかりやすい名前に、と。
あえて「1年生」にしているのは、
現場目線から偉そうなことを書かないための自制です(笑)


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ




【ツイッターでもお声掛けください♪】


posted by ぺけ@男子看護学生 at 00:28| Comment(0) | 本当に「悩み」? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。