2013年01月25日

買っちゃったのでレビュー 看護実習効率化支援マニュアル S.N.Fellow2

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

連続で同じネタで更新です。


というのも、もう国試を残すのみで必要ないのに、
興味があって買っちゃったんです。
ちょっと高いな〜とは思ったんですけど^_^;
※問い合わせ多くて値下げしたみたいですね
sn.png

モニターのときからかなりパワーアップしてました。
ポイントを上げるとキリがないので
かいつまんでレビューしてみようと思います。
ページ数多いから飛ばし飛ばしで
まだ読み終わってないですし。

まず、やっぱり読みやすいです。
色んな例を出してわかりやすく説明されています。
恋愛ネタとか
「あぁ〜、なるほどたしかに」
みたいな感じですね。
もちろん看護の実践例もあります。

最初に、
「普段からストレスの多い世界に身を置いている看護学生の皆さんには、紅茶でも飲みながらリラックスした状態で読んでいただきたいのです。」
って書いてあります。
ストレス…たしかに(笑)

内容なんですけど、
さすがに中身を書くわけにいきません。
ただ、
「看護学生だと、何も言われなければこんな考え方で進めないよなー」
って感じます。

レポートを書くのも
「ああ、こうすれば苦労しなかったんだな」
記録を書くのも
「実習中にこうしとけばよかったんだ」
あとはけっこうパソコンって学習に使えるんだなと感じたり。
引き出しが増えるといいますか、
主婦の便利な収納術みたいな感じですかね(笑)

市販の参考書でこういうの見たことないです。
看護学生の生きる術みたいな感じの内容ですからね。
あとはメンバーページに既に追加のマニュアルがアップされていました。
これからも増やしていくみたいです。
分かりにくいところも動画で説明したりされています。
中身も良かったんですけど、
こういう会員ページみたいなところが付加価値かなって思います。

そんな感じなので、
前のブログにも書いたとおり1年生からでも使えます。
といいますか、
1年生から使えたらデータの蓄積もかなり増えるだろうなって。

特典のExcelの情報シートもアセスメントしやすくなっていて、
自分が実習で作ったのよりキレイですし(^_^;)
各論実習で役立てられると思いますよ。
モニターのときにゴードンのがあったら重宝してました。

詳細のサイトに書いてある通り、
ものの価値感はいろいろあると思うんですけど、
中身を見た結果、私は高くないとは思いました。
もちろん、卒業前の今の状態で買うには確実に高いですが…。


とまあこんな感じです。
メンバーページの登録で
私の名前があってビックリしたみたいでメールが来ました。
メンバーさんをしっかりサポートしていくって張り切っていました(笑)

良いものはボランティアで紹介したいので、

<看護実習効率化支援マニュアルはこちら>


あと、著者のなちゃさんもSeesaaブログやってるのでご紹介。
http://snf2-review.seesaa.net/
なかなか書く時間ないらしいですけど…。

ナースの経験積んだら、こういうタメになるもの作りたいな( ̄∀ ̄)
読んで、国試のためにもちょっと生活変えようかと思いました(^_^;)
ではでは。


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】



posted by ぺけ@男子看護学生 at 23:52| Comment(3) | 実習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

寄り添うとか、共感とか、向き合うとか…

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
看護の在り方についてお聞かせください。

看護学生3年生です。
未熟ながら私の看護観は、患者さんと寄り添い思いを傾聴し、多方面から物事を見て患者さんとともに目標にむかって問題を解決することとおもっています。
ひとりの患者さんとじっくり向き合いたい、ひとりひとりを大切にした看護をしたいとおもっています。
総計して5ヶ月ほどの実習を経験してきましたが、わたしは患者さんと真っ正面から向き合うあまり、患者さんが辛いと思うことをできないという傾向にあります。
(たとえば食べたくない!と言う患者に食べさせることができないなど)
(中略)
食事介助のときも患者さんがつらそうで
でも食べさせなくてはいけなくて
つらくて自分の昼休憩のときにぼろぼろ泣いてしまったほどです。
(中略)
そこの調整が難しいです。
同じような立場におかれた看護師の方はどのようなことを心がけていますか?

-------------------------------
ベストアンサー

患者さんの思いに共感することは大切ですが、感情的に共感するだけでは看護ではないでしょうね。
どんな実習だったのかわかりませんが・・・、
患者さんが食事をするのをそこまで辛いと思うなら無理強いせずに、患者さんが受容できたタイミングで開始すればいいのです。
受容できるように援助することや、タイミングを見極めることも看護です。
食事が辛い・・・というのにもいろんな理由があるでしょう。
食べると苦しいからなのか、意欲がないからなのか、などによっても必要な援助は変わってきますよ。
慣れる、ということが怖いとのことですが、患者さんの辛い思いに慣れる看護師はいませんよ。
(中略)
気持ちに寄り添うだけでなく、実際に行うケアにも注意を向けて一つ一つの看護技術を高めていけるよう今は努力を重ねていくべきではないでしょうか。
(後略)

-------------------------------

【アセスメント?】
自分も含め、
いろ〜〜〜んなタイプの学生がいますよね。
で、質問者さん。
こういう言い方はあまりしたくないのですが、
「自分を美化しすぎ」
美化という言葉が合うかどうかわかりませんが、
自分がいい子ちゃんになってる感じが伝わってきます。

ああ…
また人を悪いようにしか見ていない自分が…
本当にそう感じているかも知れないのに、
私は嫌なやつです。
でも感じたことは感じたまま書き続けます!
クレーム大歓迎ですよ。

話を戻します。

↓質問者さんの考える看護↓
・患者さんと寄り添い思いを傾聴する
・多方面から物事を見る
・患者さんとともに目標にむかって問題を解決する
・ひとりの患者さんとじっくり向き合いたい
・ひとりひとりを大切にした看護をしたい

それでそれで、
「患者さんと真っ正面から向き合うあまり」→辛いと思っている援助ができない

なんか“履き違えてる”ように感じるのは私だけですかね。
たくさんある看護観は、
良いこと書いていると思います。
でもそれが虚しく響いちゃってる感じなんです。

ここに書いてあることを実践しようと努力しているなら、
ぼろぼろ泣く前に患者さんの今を考えるべき。
「真正面から向き合うあまり」
と書かれていますが、
そんな表現するだけで
正直好きになれません。
かわいそうだから泣いている。
ただそれだけじゃないかと感じます。

荒唐無稽とはちょっと違うかな。
看護観に中身を感じないといいますか、
良いこと書いていても、
やってることがむしろ全部逆じゃないですかね。
いい子ちゃん過ぎます。

ベストアンサーの方の言うとおりだと思いますよ!

はーーー。
また偉そうに、
批判ばかり書いてしまいました。
こんな風に感じるのは、
自分が男だからなんですかね?
もしくは完全なる個別性??
私に仏の心をください(^_^;)
自分も未熟だし、
人のこと言わず頑張らないとな〜。


今日Twitterで
「共感とは」
相互フォロワーさんとこんな話題になりました。
この記事とも無関係じゃないですね。

フォロワーさんの自分あてのツイートをちょっと引用します。
「共感って『共感された』っていう受身の言葉だと思う。
話を聞いてもらった人が共感っていう言葉を使って初めて『共感された』だと思う。
一方的に共感できたとは言えなくてむしろ相手が共感されたと思うかだと思うのよね。」

まさにこの通りだと思いました。
共感する努力は必要だけど、
患者さんがそう感じなければそれは共感とは言えない。
よくある
「患者さんの苦しみを共感できました」
なーんて言葉に違和感を持っていたのは、
こうやって考えると納得がいきました。

この知恵袋記事の
「真正面から向き合うあまり」
ってのも同じじゃないかと思うんですよね。
ただの主観であっても不思議じゃないです。
自己満足になりかねない。

後味悪い感じですが、
おやすみなさーい(@^^)/~~


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】


posted by ぺけ@男子看護学生 at 01:33| Comment(0) | 実習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

指導者へのバイタルサインの報告が難しい

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
看護学生です。
バイタルサインのあとなどに指導者に報告すときいい報告方法はありませんか?

-------------------------------
ベストアンサー

バイタルを測定し、その結果を報告するときという意味でしょうか?
学生さんでは、「いい報告」に心がける必要はないですよ。
もちろんダラダラと報告されるのは困りますが、初めから簡潔にまとめて報告出来る人はいませんし。
キチンと患者さんを見て、バイタルを漏れなく報告し、一般状態や、必ず報告しなくてはならない所を忘れずに報告してください。
ポイントとしては、まずバイタルサインの報告。
それから一般状態などの報告。
という順番が適切でしょう。
仕事をしていれば慣れて来てポイントを抑えて報告できるようになりますが、学生のうちは、キチンと出来ているか、観察すべき点を理解しているか、などが重要です。
「バイタルも状態も安定しています」だけでは何を観察し、バイタルもちゃんと測定してきたのか、NS側としては不安に思います。

-------------------------------

【アセスメント?】
バイタルサイン測定後の報告ですね。
緊張するやつです。
「いい方法ないですか?」
って言われると抽象的すぎて困っちゃいますね。

私も実習初期の頃は手こずってました。
何に手こずったかというと、
正常と異常の見極めです。
生命徴候を観察するのですから、
ベストアンサーの通りただ数値を報告して
「安定しています」
ではダメですもんね。

何が正常なのか、
何が正常から逸脱しているのか、
それはなぜか。
ここらへんまで言えるようになるにはかなり苦労しました。

でも急にスポーツが上達するのと一緒で、
あるとききちんと報告できるようになったんですね。
そのポイントは…

考えられることを全部言うこと!

視点としては、
単純にバイタルサインや病態だけを見ないことです。

手術後かどうか
測定前後の活動
もともとの体温
炎症の有無(CRPなどを参考に)などなど

環境とか検査値とか、
そういった所に変化の要素がたくさん隠れていたりします。
それらから考えられることをたくさんピックアップするんです。

で、報告ですが、

正常から逸脱している場合は、
原因になりそうな要因をピックアップする。
そして考えられることをすべて報告する。
指導者は正解を求めているわけではないと思うからです。

「ああ、この学生はいろんな視点で考えているな」
そう思ってもらえれば勝ちってことですね(笑)
たとえ間違っていたとしても、
仮説を立てて報告すれば考え方が身につきますし、
(経験上、)指導者もそこから正解に導いてくれることが多いです。
指導者の印象を上げるための報告じゃないですけど、
良い印象を与えることも大切だと思いませんか?
そして報告が怖くなくなる。

「○○なことや○○なことが考えられます。」
「ほう、なかなかよく考えてるな。じゃあもうちょっとヒントをあげよう」

あとは、
患者さんの今の状態を考えて、
絶対に必要な観察を欠かさず行うことですかね。
いくら4つの測定をきちんと行っても、
便秘傾向の患者さんの腹部聴診を抜かしているとか…
バイタルじゃないですけど、
一緒にやるのが普通でしょうから
このへんはいつも押さえておきました。


以上は個人的な経験からの話です。
報告方法はケースによって異なるとは思います。
もちろん指導者によっても。
困っている後輩のお役に立てれば幸いでーす☆


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】



posted by ぺけ@男子看護学生 at 17:37| Comment(49) | 実習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。