2012年12月30日

男性看護師はまだまだ違和感あるの?

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
男の子が看護師って許せますか?変ですよね?私は許せません。
子供の進路相談に行ってきましたが、看護師になりたいようです。
びっくりしました。
男の子が看護師って。
「そんな仕事許すわけないでしょう。いい加減にしなさい。いやなら出て行きなさい」
って言ったら「何でダメなんだよ。」ですって。
いや確かに今は男の子でもなれるみたいですけど、まだまだ違和感のある時代だと思いますよ。
なんとか止めるよう説得してるんですが・・・・
本当は勘当したいぐらい腸が煮えくり返っているのですが、頭ごなしに叱っても反抗するだけなので我慢しています。
どうしてこんな子になってしまったのでしょう。
悲しいです。

-------------------------------
ベストアンサー

自分は医学生で、今は大学病院で実習していますが、男性の看護師をたくさん見かけます。
女性の看護師ともうまく連携して仕事しているし、医師側も女性看護師と変わりなく接しています。
こうして見ていると、男性の看護師というのもやりがいのある仕事なんだな、と思います。
あなたが男性の看護師を受け付けないというのが正直よく分かりません。
あなたの考えは、実際に看護師として働いている男性にとても失礼なことだと思います。
「どうしてこんな子になってしまったのでしょう。悲しいです。 」とありますが、私はむしろ「なんて素晴らしい目標を持ったのだろう。」と思います。

-------------------------------

【アセスメント?】
今回も“看護学生”の悩みじゃありません。
最近、
ブログタイトルを変えたほうがいいのかなーって思うくらい、
看護学生以外の悩みに突っ込んでますね^_^;
でもこれもかなり興味をひかれたので…


そうだ!
男性看護師に失礼だ!
ベストアンサーにバンザーイヾ(@^▽^@)ノ

というか、
我々に失礼だというよりも、
夢を持つ子どもさんに失礼ですよね。
「素敵な看護師になりたい」
きっとそう思って進路相談で話したんでしょう。

それをこの親は…。

よし!
勘当されたらウチに来い!
夢を応援してあげよう!
そんな気持ちにすらなる。

>まだまだ違和感のある時代
たしかにまだ違和感ある時代かもしれません。
実習で患者さんに最初の挨拶に行ったらビックリされることもありますしね。
でもこの母親はそう年齢もいってないだろうし、
こんなにヒステリックになることもないと思うんですけど…。

>どうしてこんな子になってしまったのでしょう
私もベストアンサーと同意見ですよ。
行くところがなくて看護師になるのなら別ですが、
子どもさんは看護師になりたいと思っているんです。
実際に男子学生として過ごしてみて、
男も必要とされてるなって感じるし、
なにより看護師が
素晴らしい職業だということが改めてよくわかりましたし。

いつの時代の話だろうと思いますよね。
2008年です。
専門職として
「看護師」
に名称変更されてから5年くらい経っています。
その頃は私自身看護師を志していたわけじゃなかったんですけど、
それでも男性看護師は一般的に認知されていたと思いますよ。

息子さんには
普通のサラリーマンにでもなってほしかったんですかね。
これが原因で子どもが進路を変えることになったら、
親としてどう責任を取るのでしょうか。
子どもが何年生だかわかりませんが、
中学生くらいならもう時期入学する頃ですね。
看護学生になっていることを願います。

質問者さんにはもう怒る気も通り越しました。
とにかく子どもさんがかわいそう。
偏見を持たれている男性看護師も、
私もかわいそう←

この親が入院したら、
そこにいる男性看護師はきっと拒否されるんだろう。
もしくは、
その機会に男性看護師を見て、
考えを改めてくれたらいいのになーと思います。

で、改心したのかどうかはわかりませんが、
ベストアンサーのお礼とはこんな感じになってました。

↓↓↓
確かに男性看護師のおかげで楽になったこと、やりやすくなった事あると思います。
失礼なこと言ってしまいました。
素敵なお医者様になってくださいね。
↑↑↑

でもきっと
息子は説得し続けたんだと思います。


遅い時間になってしまいました。
ここ最近、
4時とか5時に起きて国試学習やってます。
朝早いとすこぶる調子がよく集中できます。
なので、おやすみなさーい(@^^)/


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】


posted by ぺけ@男子看護学生 at 00:32| Comment(0) | 看護全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

倫理観と感性−閲覧数1,115,122の知恵袋

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
許せなくてつい一言言ってしまいました。
質問になっていませんが…先日電車で看護学生と思われる女子2人が会話をしていて、耳を疑いました。
A:「疲れたー、実習めんどくさい、指導者うるさいし」
B:「記録大変だしね」
A:「○○の受け持ち患者死んだらしいよ。残りは記録まとめるだけだからいいよね」
B:「楽じゃん、あーあたしの患者も死なないかなー」
この後2人で笑っていました。
他にも、患者と同じ部屋の○○っていう人ぼけててあたし関係ないのにやたら話し掛けてくるからうざい、そんなんぼけてんだから適当に相手しとけとか色々言っていました。
私も看護師(学生指導をしています)ですし、実習が大変なのはよくわかります。
でも、こんなことを言うなんて…怒りを押さえられませんでした。
守秘義務違反、何より倫理観はどうなの人格は大丈夫なの?と色々考えてしまいました。
自分が電車を降りる時に「看護師にならないで」と言ってしまいました。
もちろん全ての学生さんがこうではないし素晴らしい方もたくさんいます。
しかし世代の違いなのか、言動や考え方・常識・倫理観を疑ってしまう学生が増えています。
これからの看護師はどうなっていくのでしょうか…。

補足
遅くなり申し訳ありません私は自分の立場は明かさず「看護師にならないで」とだけ言って睨みながら電車を降りました。
「はあ?」と言われ、なんだこいつ?みたいな顔をしていました。

-------------------------------
ベストアンサー

そんな看護学生ばっかだったら実習に応じるのも嫌になりますね。
私だったら絶対嫌です。
誰も応じなくなるでしょう。何のメリットもないのに。
患部やカルテまで見られて・・・具合が悪い中相手にしないといけないんですから。
本当に医学生に比べて看護学生は質が悪いのが多いですよ。
看護学生には実習に協力してくれてる患者の気持ちを考えてみてほしいです。
患者は物じゃないです。
自分だったらどう思うか?
患者の立場から患者の気持ちを書きます。
看護の実習、それもただ見学されることほど嫌なことはありません。
本当はものすごく嫌なんですよ。
カルテまわしよみされたり、見学されたり。
見世物にされるのは。
看護学生も自分の病気のカルテ見られたり見学されたりされたらどう感じるか?考えて欲しいです。
それでも協力してくれる患者のことを。
何のメリットもないけど、医療の発展のため、看護師さんのために協力に応じてます。
看護学生や実習生にはその辺を忘れないでもらいたいです。

-------------------------------

【アセスメント?】
今回は“看護学生”の悩みじゃありません。
ブログネタ探しに
「面白いのないかなー」
なんていつも探すのですが、
読んでかなりの衝撃を受けたんで…。

このQ&Aですが、
閲覧数が1,115,122回とかなり多いです。
それだけ関心を持つ方が多いということですね。


まず感じたこと、
「この学生達は例外!」
と“思いたい”ということ。
でなきゃ悲しい。
私だって、
読んでいる方だって、
こんな倫理観のカケラもないようなこと
考えたこともないと思います。

どんな患者さんでも、
実習機会をいただける感謝の気持ちはいつも持ってます。
これは看護学生なら当たり前の話。
たぶんですが、
この2人だって
一人になればそんなことは考えてないと思います。
なんとなく悪ぶりたい。
それだけだったんだと、
そう思いたいです。

擁護するわけじゃないですよ。
話していることは人として酷いと感じます。
その思考も含めて。
でも私自身を含め、
ナースの卵である仲間に少しでも希望を感じたい。
そういうことです。

ベストアンサーでは
医学生を引き合いに出してますが、
私達は医学生よりもっと患者さんのことを考えている自信はある。
患者さんをモノのように扱う医師や研修医を見たこともあります。
気遣いがぜんぜん足りていないと感じました。
もちろん医師や医学生には素敵な方もたくさんいますよ。
「医学生に比べて看護学生は質が悪いのが多い」
これには反論しておきたいと思ったので。

私達はもっと患者さんの近くにいます。
そりゃ嫌なことだってあります。
人間対人間ですから。
でも
どんな患者さんでも
患者さんのどんな言動でも
まずは受け入れられるナースになりたい。
そのために訓練しています。

「死なないかなー」
なんて…
これは守秘義務がどうこうの問題じゃないですよね。
外で言わなけりゃいいって話じゃなく
感性の問題です。
どうしてそんな感性が養われてしまったのか…
不思議でなりません。
看護学生かどうかの問題じゃないですけど、
看護学生だからこそもっと養われていいものがたくさんあったはず。

個人の問題を除けば
教育のあり方にも問題があるかもしれませんね。
(偉そうなこと言ってスミマセン)

このケースだって、
会話では“楽かどうか”に焦点がいってます。
記録・記録・記録…
看護学生は苦しいです。
記録類が多すぎるとは思いますが、
教員がそのことばかり言うんじゃないでしょうか。

記録・記録・記録…
アセスメントをびっしり書かないと評価されないとか。
寝れないほど量を課されるとか。
都度、記録のことばかり。
だから記録のことばかり考えてしまう。
記録の良し悪しが実習中のポイントになってしまう。
この二人もそうだったんじゃないでしょうか。

私の好きな教員はこう言います。
「記録なんて二の次でいい。実習は患者さんのことをよく理解する時間に充ててください」
実習が患者さん中心の視点に変わります。
でもみんな記録は手を抜かずやってきます。
もちろん記録のこともきちんと対応してくれます。

結局は看護学生としての感性の問題。
もともと持っている感性以外に
3〜4年間で看護の感性が養われるかどうか。
教育の話もしましたが、
最終的には個人の問題だと思います。
こんな二人のようにはなりたくない。

そして患者さんを理解しようとすればするほど、
その感性も養われていくんじゃないでしょうか。
口で言われても頭にしか入らない。
自分で経験すれば、
自然と心に入ってくるはず。

素直に、
そう感じましたとさ(*^_^*)


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】


posted by ぺけ@男子看護学生 at 09:25| Comment(4) | 看護全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

「看護とは、…○○…である」

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
看護学生です、看護師さんか、看護学生さんに、質問です。
看護とは?と聞かれたらなんと答えますか?

-------------------------------
ベストアンサー

17歳の高校三年生で看護科に通わせて頂いています。
まだ実習に行って3回目なので未熟ですが、
看護とは?と聞かれ1番に思い付いたのは
『自分を犠牲にしてもその人に身体的、精神的、社会的にも元気なってもらいたい!その方の支えになりたい!』
という奉仕の心だと思いました。

-------------------------------

【アセスメント?】
ベストアンサー
素敵な17歳の高校生ですね。
自分が17歳の頃って、
こんな立派な考え方持ってませんでしたね。
看護であろうが他の夢であろうが、
やっぱり目標がある高校生って違いますね。
私は遊んでばかりいましたから(^_^;)

看護とは…

難しいですよね。
おぼろげながらあるんですが、
自分の看護観ってうまく表現できない。
これ!
っていうものを持ってた方がいいと思います。

1年生の夏休み前くらいに看護観について書く課題がありました。
ちょっとUSBを開いて振り返ってみたのですが…

「目標に向かう患者さんの手助けをすること」

うーん、幼稚な感じがしますね^_^;
でも真面目に書いたことを思い出します。

…ちょっと待てよ。
はたして幼稚なのかともう一度考えてみる。

人(対象)には人それぞれ目標がありますよね。
もしくは目標を持ってもらえるように関わります。
患者さん目線で看護目標を立て、
目標達成のための看護計画を立て、
OTEを実施して評価を行う。
その結果、短期目標を達成する。
これは普通の流れです。

でも目標って入院中の話だけじゃないです。
極端な例ですが、
入院中のおばあちゃんがこんなことを言ったとします。
「私、死ぬまでに1回はエベレストの頂上に立ってみたいの」
こういった目標の支援ができるだろうか。
実際に達成するのは難しい目標です。

でも、
おばあちゃんがその目標を達成するため、
その準備段階としてまずは
「元気よく退院してもらうこと」
これが必要になってくると思います。
じゃあ元気よく退院してもらうには…

こんな感じで掘り下げていくと、
エベレストの頂上に立つために元気よく退院してもらうこと、
そのためには看護目標を立て、
計画、実施、評価を行うこと。
清拭一つだって、
エベレストの頂上に立つための立派な支援になるわけです。

「目標に向かう患者さんの手助けをすること」

言葉はもう少し選び直す必要はありますが、
なかなかいいじゃない!
と自己満足です(笑)
3年間でいろんな贅肉をつけてしまったから
幼稚だなんて感じたんでしょうね。
数日前に
「初心に帰る」
みたいなことを偉そうに言っておきながら。。

ともかく、
「看護とは、…○○…である」
これには定義なんかいらないですよね。
考え方として理論を学ぶことはヨシとして、
おそらく人それぞれ看護観は違うと思います。
人の看護観も否定はできません。
教員に否定されたらそう反論してください(笑)

読んでいる方は面白くないと思いますが、
今日もいい振り返りになりました。
今日しっくりきたんで、
ひとまずの看護観をこれに定めておきたいと思います。


それから、
前に宣言したあれ。
実習中であれ毎日過去問10問
きちんとやってますよ♪


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】



posted by ぺけ@男子看護学生 at 20:56| Comment(0) | 看護全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。