2013年01月20日

看護学生が大変なことって何ですか?

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
看護学生に質問です。
看護学生はすごく大変だとよく聞きますが、大変さの分かるエピソードやこれはすごく大変!など教えてください。
また、いい面もお聞きしたいです。
経済的な理由からではなく、命に関わる責任の大きい、女性の仕事のなかでも、すごくやりがいのある仕事で、是非いつか私も人の役に立てるような看護師さんになりたいと夢見てます。

-------------------------------
ベストアンサー

看護学生ではありませんが10年目の看護師です。
看護学生の時は何度もくじけそうになり何度も泣き今思い出しても辛かったなぁと。
まず、普段の講義はまだマシですが試験となると試験範囲がそうとう広く、どこから勉強したらいいのか分からないまま徹夜をすることもしばしば。
さらに試験が60点以下で再試験となり、その再試験で受からなければ単位をとれません。
留年となります。
また、なにより辛いのは実習です。
毎日莫大な量の事前学習、レポートなどで寝る暇はありません。
しかしそれをしっかりやらないと実習担当の看護師や学校の先生に「もう帰れば?」と実習させてくれません。
看護師からすると学生は格好のストレス発散です。
いじめもありました。
国家試験もそうとう勉強しました。
しかし、そんな辛い境遇を一緒に乗り越えた学生時代の友達は宝です。
友達なくして乗り越えられません。
辛いのはみんな一緒とお互い励ましあいながらどうにかなっていくものでしたね。
10年たった今は、あの頃に少し戻りたくなったり、友達に会いたくなったりします。
そしてやはり看護師の資格は有り難いと思います。
なにしろ就職には困らないし、給料も女性の仕事にしては高いです。
質問者様がせっかくなりたいと思った職業ですから天職になるといいですね!
どの仕事も厳しい事もやり甲斐を感じる事もあると思いますが、人の命と向き合う事は本当に貴重な事だと感じています。
いつか一緒に働けるといいですね。

-------------------------------

【アセスメント?】
思えば辛い日々の
多かったこと、多かったこと。

1年のときは定期試験やら実技チェックやら、
そして課題とかいろいろ、
何かに追われる日々が続いてました。

2年になるとグループワークが増え、
自分のスケジュールも振り回されて、
バイトもろくに入れられない日々。
もちろん試験も課題もチェックもありました。

私は専門なので3年で終わるのですが、
3年になると実習がギチギチに入って、
終わったと思えば国試対策。
そして今に至ります。

質問者さんはこれから受験を考えるんですね。
正直、
今までの人生にないような生活をした感はあります(笑)
社会にも出ていましたが、
サラリーマンやってたほうがどれだけ気が楽か(^_^;)
最悪、頭を下げれば済むこともありましたしね。
でも看護学生はそれができないから、
目の前のことを確実に済ませていかなければなりませんでした。
これはどの看護学生も一緒だったでしょう。

良いこともたくさん☆

<仲間>
ただの友達じゃなく
運命共同体みたいなもんです。
みんなで助け合わないとやっていけません。
必ずだれかが悩んでいますから、
そんなときに助け合えた仲間は財産です。

<根性>
逃げられないからやるのみ!
根性論は嫌いですが、
それでも根性ついたと思います。
大きな壁がたくさんあったからかな。

<未来>
確実に未来へと進めます。
そういう学校にいるから当たり前なんですが、
日々の積み重ねが確実にナースへの道に繋がっていると実感できました。
まだ最後の砦が残ってますけどね(^_^;)

「大変だ」っていうイメージ、
これから看護学生を考える人から見たら
かなりあるみたいですね。
ネット開いたらそんな話ばかりですもんね。
だけどそれなりの報いはあります。

「大変」を「大変じゃない」にする方法もありますし、
3年とか4年とかかかりますけど、
終わってみれば早かったです。
たぶん卒業式を迎えたら、
「おれ、頑張ったなー」
って感じられるんだと思います。
先輩方をはじめ、
皆さんそうなんじゃないかなー。

経済的なことをいうのは好きじゃないんですが、
それでもあえて言うなら、
学生時代の苦しさがあるから
それなりの対価があるんじゃないかと。
頑張ったご褒美に資格が与えられる。
職業としての安定をあまり考えちゃいけないんでしょうが、
一つの考え方として持っていてもいいかなーと思うようになりました。
それを大切に育てられるかどうかはこれからですね。


最近のこのブログ、
振り返り的な内容が多いですね(^_^;)
老年期の発達みたいです(笑)
でもどこかで3年間の生活を清算するんでしょうから、
読んだ方の何かのお役にたてれば幸いです。

看護、やっぱり自分に合ってたなって思っています♪


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ




【ツイッターでもお声掛けください♪】


posted by ぺけ@男子看護学生 at 17:38| Comment(0) | 看護学生の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

看護学校の人間関係とグループワーク

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
看護学校の人間関係って大変みたいですね。
やはり女の子が多いといろいろ悩みが出てくると思いますが人間関係の辛さをどうやって克服しましたか?
友達が悩んでいます

-------------------------------
ベストアンサー

私も看護学生です。
看護学生って他の学生とは違い、なにかとグループ単位で動くでしょ?
学校の授業でもグループになって意見交換しろとか、実際の実習でもグループに分かれて実習しなくちゃいけないし・・・
実際に私も人間関係なんて面倒くさいですが、だからといって一匹狼になるのはちょっと危険かも・・・・誰にも頼らずに全部自分でできる人はいいんですが。
人間関係が面倒くさいからといって全部無視するとグループの中で浮いた存在になります。
だから多少ムカつくと思っても
「今だけ、卒業しちゃえば顔を合わさずに済むから」
と自分に言い聞かせましょう。実際に私はそうしています。
家で一人で声に出して「アイツ、マジムカつく!!」と言ってすっきりしちゃいましょう!
(学校では言ってはいけませんよ)
ムカつく相手のことで悩むのは時間がもったいないですよ。

-------------------------------

【アセスメント?】
「友達が悩んでいます」
みたいなのってだいたい、
じつは本人だったりするんですよね。
まぁそれはさておき…

人間関係。
私はたぶんうまくいったほうだと思います。
もともと平和が好きですし、
あまり主張を押しつけませんし、
いちおうやることはちゃんとやるし、
そのへんはうまく調整してきました。
やっぱりある程度言いたいことは抑えてきたりもしましたね。
ブログでは別として(^_^;)

主張しすぎずしなさすぎず
これって平和を保つコツかな〜と思ったりしています。

あとは男子だからいろいろ気を遣いました。
立ち位置が難しいといいますか…
遠ざかるわけでもなく
深く入り込み過ぎるわけでもなく
適度な距離を保ってました。

どのグループにも深く入り込まない。
でも一匹狼にもならない。
これは男子が平和を保つコツ(笑)

人間関係でいちばん困ったのは、
他人の悪口を聞かされた時ですかね。
ただ聞かされるなら
「そっかー、大変なんだな」
って、傾聴に徹すればいいんです。
もちろんちゃんと聴いて。

でも、
「どう思う?」
みたいに聞かれるとピーーンチ!
幾度となくありました。
どっちの肩も持てないパターンですね。

「自分が正しいと思うことを信じればいいんだよ」
これはその場を平和的に切り抜けるコツ!
否定も肯定もしない、
精神看護学の身近な実践てやつで。

番外編は、
「誰か学校で好きな人いないの?」
って聞かれたとき。
男子は人数少ないからよく聞かれるかもしれません。
そんなときは
「○○先生(おばちゃん)」
「18人くらいいる」
「君しか見えない(* ̄ー ̄*)ニヤリッ」
こんな感じで切り返す。

ベストアンサーの方は
けっこうストレスたまってるみたいですね。
そんな方はけっこう多いのでしょうか?

グループは組み合わせによって大変ですよね。
そんな中、
男子は平和を保つ役割があると思っています。
女性社会だと必然的にそうなるのかな〜
と感じた3年間でございました。


今日で国試までちょうど1ヶ月。
まだちょっと心の余裕を感じちゃってます。
エンジン掛かるときは掛かるんですけど、
「まだあと1ヶ月もあるじゃん!」
そんな心境になっちゃうんですよね^_^;
まずいんだかこれでいいんだか…

神のみぞ知る
なんてことにだけはならないように準備しておかねば!


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】


posted by ぺけ@男子看護学生 at 23:23| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

看護師国家試験 試験中のトイレ

ボケ、ツッコミ、ぼやき、アセスメント
こんにちは、看護学生のぺけです!

以下、Yahoo知恵袋より抜粋させていただきました。

-------------------------------
看護師国家試験について
看護師国家試験中って途中でトイレへ行けますか?
行けたとしても、また試験を受けることはできるのでしょうか?
知恵袋見ていると行けると書いている人と行けないと書いている人がいたので改めて質問させていただきました。
会場は大阪です。

-------------------------------
ベストアンサー

昨年、看護師国家試験を受けました。
安心してください、トイレへは行けましたよ。
試験開始前に試験官から説明があると思うのですが、無言で挙手し、試験官にトイレの入り口まで付き添ってもらい用が終わると、一緒に教室まで戻り試験を再開できます。
(※トイレへ行く前、試験官にポケットの中を見せた記憶があります)
ただし、1教室で一人づつしか行けないので、挙手した順番に一人が帰ってきたら、また次の一人が誘導されて行く感じでした。
私が受けた教室では、トイレへ行く人が多くて驚きました。
常に誰かがトイレへ行っている感じでした。
私は午前と、午後に一度ずつ行かせてもらいました。
休み時間はトイレが混むので、試験時間に行っておいて良かったです。
あと、試験が早く終わった人は、試験時間内に退室できますがその場合は教室へ戻ることはできませんでした。
2〜3人は早めに退室されてましたよ。
試験頑張ってくださいね。

-------------------------------

【アセスメント?】
行けるっていうのは聞いていました。
やっぱり2時間40分もトイレに行けないとなると、
もし尿意や便意を催したら辛いですもんね。

まず我慢していたら集中できないです。
模試中にお腹が痛くなったことがあって、
そのときは我慢して収まったのでよかったのですが、
痛い間は問題を解くどころではなかったです。
軽い痛みでも気になっちゃうんですよね。

雰囲気的に行きづらそうな気がしますよね。
でも、
「どうしよう、トイレ行こうかな…」
って考えるだけでも集中力途切れるから、
そう思ったら思い切って手を挙げたほうがいい。
スッキリして再開すればまた集中できるでしょうし。

>常に誰かがトイレへ行っている感じでした。
みんなそんなに行くもんなんですね〜(@_@。

なるべくトイレを気にしないためにはどうすればいいか。

問題は、当日の食事や飲み物。
私、コーヒーが好きなんですよね〜。
でも利尿作用ありありだから、
当日は控えたほうがいいのかな、と。

が、しかし、
模試のときは午後の部で必ず睡魔に襲われます。
なので睡魔と利尿のバランスをうまく取らねばですね。
眠眠打破かな??
こんど試してみよう。
トイレには手を挙げれば行けるわけですから、
睡魔対策が優先でしょうかね。

食べ物は何日か前から気をつけたいですね。
前日の生ものは完全に控える。
何日も前から朝食の時間は同じにして慣らせておく。
出すものはちゃんと出しておく。


書きながら思ったんですけど、
トイレに行けるのなら
「気分転換」
として行ってもいいのかもしれませんね。
座位保持でおしりも痛くなっちゃいますし(>_<)
一旦解答が終わったらとりあえず行くみたいな感じで。

あとですね、
こういう大勢が集まる場所では
「男でよかったなー」
と感じます。
トイレが混まないし、
混んでいても早く流れるし。

女性の皆さんすみません(^_^;)


↓面白かったらクリックお願いします!↓
 にほんブログ村 専門生日記ブログへ





【ツイッターでもお声掛けください♪】


posted by ぺけ@男子看護学生 at 10:50| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。